ボトックス口コミガイドについて

 最近話題のボトックスって知っていますか?ここでは、ボトックスの美容効果、ボトックス注射・注入のメリット・デメリット、ボトックスでのしわ治療、ボトックスでのワキガ治療、塗るボトックス、ボトックス効果の持続、小顔効果、多汗症治療やボトックスの口コミについてなど、様々なボトックスに関する情報を紹介しています。身近になったプチ美容整形に、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コンテンツ一覧
ボトックス口コミガイド 新着情報

ボトックスという言葉を皆さんは聞いたことがありますか。最近、よく話題になっているボトックスの魅力についてご紹介します。ボトックスとは一体どのようなものでしょうか。ボトックスにより、どのような効果を得ることができるのでしょうか。ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出された成分のことで、ボツリヌス菌は、食中毒の原因菌であるともされています。食中毒菌の中には、感染型の食中毒菌と毒素型の食中毒菌というものがあり、ボツリヌス菌は食中毒菌の代表的な菌で、ブドウ球菌も含まれています。

世間でよく耳にするボトックスは、しわの気になる部分にたいしてボツリヌス菌毒素から抽出した成分を注射をすることのよって気になるしわの治療を行うものです。ボツリヌス菌毒素の成分には、しわの原因となる表情筋の動きを抑える働きがある為、まずボトックス注射によって注入されています。年齢を重ねるに連れて顔のしわはだんだんと目立ってきます。特に多くなるのは目尻のしわです。そして、口の周りのしわや眉間に刻まれるしわのようなの表情じわです。

これらの表情じわはボトックスによって改善することが可能です。しかし、ボトックス注射は全てのしわに効果があるわけではありません。顔の「表情筋の影響」によってできる表情じわに対しての効果だと言われています。表情じわは表情筋の動きによって刻み込まれますのでボトックスの筋肉の動きを抑制するという効果がしわの改善を図るということなのです。ボトックスの効果は、筋肉の動きの抑制なのですが、これによって笑ったりする時におこる表情の動きにたいして影響はないため心配しなくてもよいでしょう。

ボトックス治療を受けた後の過ごし方についてご紹介したいと思います。ボトックスの治療をうけた後は、普段通りに日常生活を送ることができます。しかし、ボトックスの治療を顔に行った場合には、治療した後の過ごし方について知っておく必要があります。ボトックス治療をおこなった後は、すぐに横になったり、顔のマッサージなどのケアをするのは絶対にやめましょう。

顔に圧迫をかけてしまうと、注入したボトックス薬剤が周りに拡散してしまいますので、医師が細心の注意を払って治療しても、デザイン通りの仕上がりにならない場合があります。そのため、ボトックス治療をした後の4時間くらいは、横になったりしないで施術当日のマッサージは控えるようにしたほうがよいでしょう。また洗顔や洗髪、入浴は大丈夫なのですが、ボトックス治療をした後の当日は、熱い湯船には入らないように注意しましょう。

そのほかの注意点としては、アルコールについても、術後の当日は摂取しないように気をつけましょう。ボットクス治療は、メスを使わないでも気軽に出来るプチ整形のひとつです。その効果はシワの改善や多汗症などの美容治療、また顔面麻痺や脳性麻痺の医療治療などに利用されているそうです。ボトックス治療を受ける場合は、医師から注意点などを必ず確認してきちんと把握することが大切です。

鼻の整形とボトックスについてご紹介したいと思います。ボトックスは、メスを使わずに簡単に、短い時間で出来るプチ整形として人気があります。しかし鼻については、鼻の横にできる表情ジワを改善することは出来るのですが、鼻の形を整えたり、鼻を高くするといった整形は、ボトックスでは出来ません。

ボトックスは、筋肉に注入することによって働きを抑制してくれます。そのため、表情ジワの改善や、過剰に発達してしまった筋肉の萎縮を弱らせるといった働きがあります。しかし、筋肉以外の形そのものを変えることは出来ない美容治療になります。

メスを使わないで鼻を高くするためのプチ整形をおこなうには、ボトックスではなくてヒアルロン酸を使ったプチ整形がお勧めです。クリニックによっては、ボトックスとヒアルロン酸の両方のプチ整形を行っている所もあります。そのため、プチ整形したい箇所によって、治療法を変えるなどの対処をしたほうが良いでしょう。